「公認心理師技法ガイド」に分担執筆しました

「公認心理師技法ガイド」の「フォーカシング」の項を、日笠摩子先生と共同で執筆しました。ご興味のある方はぜひ。

求めること、求められること

人と人との関係というのは、本来、相互的なものなのだろうと思います。自分が相手に何かを(たとえばつながりを)求めることと、相手が自分に何かを求めることとが、呼応してといいますか、バランスをとって、人と人との関係は成り立っています。しかし、自分から求めるということと相手から求められるということのバランスをとるのが苦手な人もいます。たとえば、相手から求められることに応じることはできるけれど、自分から本当に何かを(たとえば自分を理解してもらうことを)求めることができなかったり。そうすると、まわりからは受け入れられているのに、本人は「自分」を見つけてもらえないという思いをどこかで抱えているということになるかもしれません。あるいは、相手に何らかのつながりを求めているのだけれど、相手の方から自分とつながりを求める気持ちを表明されてしまうと、その人との間で、自分自身のニーズを持った自然な「自分」でいられなくなってしまったり。あるいはまた、相手の求めるものを大事にしなければという気持ちにとらわれて、自分から相手に何かを求めることに罪悪感を抱いたり。

ニュースなどで、結婚に積極的でない人のことが時々話題になることがありますが、ひょっとしたら現代人は、求め、求められる、という相互的な関係が不得手になっているのかもしれません。このことは、地域社会のつながりが希薄になっている、ということとも関係がありそうです。本来相互的に助け合うような社会の仕組みに対して、自分に何かを要求してくるものと感じて距離を置き(あるいはそれが自分にトクかどうか、つまり何を与えてくれるのかという視点から判断し)、一方では、相手に何かを与えるという自分の役割がはっきりしているボランティアには抵抗がなかったりもします。

今、「日本心理臨床学会」という学会の会期中なのですが、その学会で、セラピスト(カウンセラー)の側の相手とつながろうとする欲求の話が出ていて、興味深く聞きました。カウンセリングは、来談者のための場であるという前提がはっきりしている場所で、このことはおそらく現代の社会の中で意味のあることなのだろうと思います。フロイトという人は、セラピストは中立的な立場でいるべきだ、つまり自分の気持ちを持ち込むことなくカウンセリングの場に臨むべきだというようなことを言いました。現代ではどちらかというと、自分の気持ちを持ち込まない客観的でクールなセラピスト像というのは幻想で、カウンセラーは好むか好まざるかに関わらず、一人の人間としてカウンセリングの場に身を置かざるをえない(そしてそのことには意義がある)、と考えられているのではないかと思います。ただ、「来談者の役に立ちたい」「なんとかしてあげたい」というようなカウンセラーの気持ち(欲求)があまりに大きくなることは、あまりいいことではない場合があります。それは来談者にとっては重荷になることがあるからです。求めることと求められることのバランスをとることが難しい人が、ここはカウンセラーが「こうしよう」「こうするべきだ」と思うことを実現するための場ではないよ、あなた自身のための場だよ、あなたの内にある思いを大事にするためにこの時間を使うのは正当なことなんだよ、ということをちゃんと納得できる関係性がそこにあることは、とても大切なことであるように思うのです。

NVCの考え方

ノンバイオレント・コミュニケーション(NVC)というものがあります。これは、何と言うのでしょう、カウンセリングの技法でもないし、人の心に関する理論というのも少し違うような…。人とコミュニケーションをとる時に、こんなふうにコミュニケーションをできるといいよね、という、ひとつのコミュニケーションの取り方ですね。NVCの創始者であるローゼンバーグという人は、ロジャーズのお弟子さんだった人のようです(ロジャーズというのは、私が大事にしているパーソン・センタード・アプローチという考え方の創始者です)。

NVCではコミュニケーションを、観察、感情、ニーズ、リクエストという4つのポイントで見ていきます。たとえば誰か他の人の振る舞いをみる時に、その人がどんな状況でどんな行動をしているのか(観察)、どんな気持ちでいるのか(感情)、その人は何を求めていたり何を必要としていてそんな気持ちになっているのか(ニーズ)、という観点から見てみます。私たちは相手がどんな気持ちかということは気にしていることが多いと思いますが、その背景にその人のどんなニーズがあるのかということには目をあまり向けていないように思います。しかしニーズに目を向けてみると、少し相手に優しくなれるような気がします。怒っている人がいるとして、「その人は何を必要としているのだろう、自分を尊重してもらうことなのか、みんながルールを守ることなのか…」と考えてみると、その人の気持ちがもう一歩わかるような気がするのです。

自分自身の気持ちについてもNVCでは、観察と感情とニーズを分けて伝えることを勧めます。相手の振る舞いを見て、「勝手なことしないでよ!」とただ怒るのではなく、その人がしているどんなことに接して(観察)、自分としてはどんな気持ちになるのか(感情)、そして自分としては何を必要としているのか(ニーズ)を分けて伝えるわけです。「あなたが部屋を片付けないでいると、自分としては居心地が悪いし、苛々した気持ちになる。私は、完璧にではなくてもいいけれど、部屋がある程度片付いていて、通路が歩ける状態になっていたり、テーブルの上が使える状態になっていてほしいと思っている」というように。そして、(命令ではなく)リクエスト、つまり具体的な要望を伝えるわけです。「だから、この部屋から離れる時には、出したものを片付けてほしいのだけれど」。ポイントは、相手のことを「あなたは…だ!」と断罪するのではなく、あくまで自分自身の気持ちやニーズとして伝えるというところにあるのだと思います。

NVCについては日本語訳の本も出ています。興味のある方はチェックしてみてください。

認知行動療法とブリーフセラピーについて

カウンセリングの世界では、現在、認知行動療法と呼ばれるやり方がかなり勢いを持っています。認知行動療法は効果の実証研究が進んでいること、仕組みがわかりやすく納得しやすいことが、その理由の一部であろうと思います。私は認知行動療法を専門にはしていないので、いろいろと地味に反論(といいますかそれ以外の方法の弁護)をしたくもなりますが…でも、認知行動療法的な考え方やアプローチが、カウンセリングの中である範囲で役に立つことは確かです。そして、そのようなアプローチが必要となるような問題や、そのようなアプローチが合っているクライアント(来談者)さんがいらっしゃることも確かです。

私は認知行動療法は専門にしていないと書きましたが、認知行動療法的な視点からのアプローチ(認知的なアプローチや、行動的なアプローチ)もしないわけではありません。ただ、私は、いわゆる「認知行動療法」という名のもとにそういったアプローチを導入するよりも、対話の中にそのような視点が自然に織り合わされていく方が好みです。そして対話の中に認知的・行動的なアプローチが織り合わせていく上では、「認知行動療法」と考えるよりも、ブリーフセラピーという方法、中でも解決志向アプローチと呼ばれる考えの枠組みで考えていく方が、自分にとっては自然にできるように感じています。私の感覚では、解決志向アプローチは認知行動療法と共通した部分を持ちながらも、より柔軟で、軽やかさのある方法のような気がしています。

いや、柔軟であるかどうかは、アプローチの種類ではなく、カウンセラーによるのかもしれませんね。柔軟な認知行動療法家は、きっとたくさんいると思います。認知行動療法ではなく他のアプローチを推したくなるのは、「売れている」認知行動療法に対して私の中に少しやっかみがあるのかもしれません。

認知行動療法やブリーフセラピーは、どちらかというと「先に進めようとする」アプローチなのだと思います。私が大事にしたいと思っているのは、「ちゃんととどまって、今の自分に(穏やかに)向きあう(それによって自ずと先に進んでいく)」やり方です。そういうやり方は、あんまり流行らないのかもしれないけれど(…やっぱり、やっかんでいるかな)。

4月からのセッション可能日

4月から、セッションが可能な曜日が変更になります。今は水曜日と金曜日にセッションをおこなっていますが、4月からは金曜日と土曜日になる予定です。土曜日に関しては、継続してのセッションは午前中のみとさせていただくかもしれません。

(2019年4月6日追記)継続してのセッション(面接)が可能なのは、水曜日の午後、金曜日の午前、土曜日の午前となりました。フォーカシングの個別セッションなど、1回のみのセッションは、もう少し柔軟に対応できる可能性があります。

カウンセリング(心理療法)はどう受けるといいのか

カウンセリングや心理療法は、特に決まった「受け方」があるわけではありません。むしろ、こういうふうにするもの、という先入観をもって、教科書通りにやろうとすると、自由に自分を表現することが難しくなってしまい、うまくいかなくなってしまう怖れがあります。

しかし、大学院生とセッションをしたりしていると、やはりカウンセリングの受け方がうまいなというか、自分に内省する仕方を知っている、という感じがすることがあります。心に向きあうということがどういうことか、ということをなんとなく知っていることで、カウンセリングのプロセスが比較的スムーズに進むということはあるのだろう、という気がします。

フォーカシングは、カウンセリングをどう受けるか、カウンセリングを受ける時にどんなふうにするといいのかということの、大きなヒントになるものだと思っています。私はカウンセリングの中でいつもフォーカシングのやり方をお伝えするわけではありませんが(それはそれで不自然なものを持ち込むことになることがありますから)、ただ「話をする」だけでなく、少し立ち止まって、自分自身に注意を向け、自分の言葉が自分の実感にしっくりくるかどうかを確認する、ということは大事にしたいと思っています。

井の頭公園駅のそばにオフィスを持ちます

今度、京王井の頭線 井の頭公園駅のそばに、カウンセリングのオフィスを持つことになりました。吉祥寺駅からも歩けます。それに伴い、近日中に、サイトのタイトルをかえて少しリニューアルすることにするかもしれません。

追い追い、オフィスの写真などもこのサイトに載せていきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

「遊び」について

子どもの心理療法では、言葉のやりとりではなく、遊びを通じておこなうことが少なくありません。子どもは十分に言葉でやりとりができないから、仕方なく遊びを使って心理療法をする…と思われるかもしれませんが、ひょっとしたら逆に、大人は上手に遊べないから、仕方なく言葉でやりとりしている、というのが本当なのかもしれません。そのぐらい、遊ぶということには豊かな治癒力があります。遊びを通じた心理療法は遊戯療法と呼ばれ、これは「play therapy」の訳です(日本でもそのまま「プレイセラピー」と呼ばれることが多いです)。

「play」という単語は、遊ぶという意味の他に、演じるとか、演奏するといった意味を持っています。「play」はスポーツの場合にも使いますが、スポーツは必ずしも「遊び」ではなく、真剣勝負の雰囲気を持っていますね。「play therapy」の意義を考える時、あるいは「play」するということが人間にとって持つ意味を考えてみる時、この単語の意味の広がりは豊かな連想と奥行きをもたらしてくれるように思います。「play therapy」は決して単なる遊びではなく、いや、遊びとは決して「ただの遊び」ではなく、真剣に何かに没頭したり、自分以外の何かになってみたり、何かを表現することでそこに豊かさを生み出すような営みなのです。

ところで、日本語の「あそび」も「play」に負けず劣らず豊かな意味の陰影を帯びています。たとえば、車のハンドルの「あそび」という言い方をすることがあります。ハンドルを動かした時、動かしても車の動きに影響が出ないような余裕の部分、つまり実務的な意味をもたないゆとりのことを「あそび」と言うのですね。「あそび」はあまりたくさんあると困るのですが、まったくないと、それはそれでやりづらいものです。「あそび」が生活の中にあるというのは、実はとても大事なことなのではないかと思います。この「あそび」は、「仕事をしないで遊ぶ時間がどれだけあるか」という問題ではありません。一日中仕事で忙しいサラリーマンでも、仕事の中に「あそび」がある人もいますし、何もしないで遊んでばかりいるように見える人でも、生活の中に「あそび」が持てないでいる人もいます。おそらくは遊戯療法でも同じなのでしょう。遊んでいるようでいても「あそび」が持てない子どもにとって、「あそべる」ようになることはきっと大事な意味を持っているに違いありません。そして言葉でやりとりするセラピーでも、「play」や「あそび」が動き出すことはとても重要です。

精神分析家で小児科医でもあったウィニコットという人は、心理療法における遊び(play)の重要性を指摘した人です。そのうちにウィニコットについても何か書こうかなと思います。

フォーカシングと心理療法

フォーカシングは心理療法の研究から出てきたものですので、当然、心理療法に応用することで心理療法を豊かなものにできるはずです。しかし技法としてのフォーカシングをそのまま心理療法の中で提案すると、多くの場合、不自然に響きます。「ちょっと止まって、そのことをあなたの内側ではどう感じているか、感じてみる時間をとりませんか」と言われたら、多くのクライアントは戸惑ってしまうのではないかと思います。

大事なのは、まだ言葉になっていないけれど感じている何かに目を向けるということが、豊かなこと、大事なことであるということをセラピストが知っているということ。そして、その何かにクライアントとセラピストが一緒に目を向け、耳を傾けることだと思っています。二人の人が一緒に何かに注意を向けることを発達心理学の領域では「共同注意」と呼びます。共同注意は子どもが言葉を覚える上で大事な役割を果たすのですが、私は、人が自分の感じていることに注意を向けられるようになること(フォーカシングできるようになること)上でもこの共同注意の関係性が大事なのではないか、と考えています。

フォーカシングの心理療法への応用についてはいま論文を書いているのですが、大学の紀要に載せてもらうつもりなので、あまりいろいろな人には読んでもらえないかもしれません。でも、可能であればいずれウェブサイトに掲載しようと思っています。

「からだの内側」って感じづらいなあ、と思う

フォーカシングのワークショップなどでは、からだの内側に注意を向けて、フェルトセンス(からだの内側に感じられるとされる、漠然とした意味の感覚)を感じて…というふうにフォーカシングを説明しています。でも、からだの内側を感じることって難しいよなあ、というか…フォーカシングに慣れている人は、いわゆる「からだの内側」でただ感覚を感じるというのとはちょっと違うことをしているような。そんなもやもやがあります。本当は「フォーカシングとは何か」「どうやるのか」を伝えるのに、「からだの内側」にいきなり注意を向けるのではない、もっといいやり方があるのでは、と気になっているのです。

フォーカシングは気がかりな事柄の内容に触れずにその事柄についてセッションができるのが一つの利点なのですが、個人的には、話しながらフォーカシングするのが好きです。事柄を話しながら、自分の言ったことは本当かな、と立ち止まってみたり、自分の内側の感覚というよりも、その事柄が自分にとってどんなこととして感じられるのかに触れてみたり。そうですね…自分の内側に触れる前にまず、自分の気になっている事柄にちゃんと触れることが大事、という感じがしているのかな(書きながらちょっとフォーカシングしてます。そうそう、こういうのが好きなのですよね)。もちろん、一度振り返って「それで、自分のうちではどんな感じがしてるんだろう」と内側に注意を向けることが大事な場面はたくさんあるのですけれど。